ERC1400連載 第1回 ERC1400とは何か

ERC1400連載 第1回 ERC1400とは何か

ERC1400が必要とされる理由


 本記事では『ERC1400とは何か』をテーマにERC1400をわかりやすく解説していきます。今回、「ERC1400が必要とされる理由」をテーマに解説を行っていきます。なお当サイトでは過去にDeFi(分散型金融)に関する連載を行っており、その中で7-ST(Security Token)の概要・市場・STOプロジェクト紹介という記事でERC1400と関連のあるセキュリティ・トークンやセキュリティ・トークン・オファリングについて解説してあります。そちらも別途お読み頂けるとERC1400についての理解がより深まるかと思います。

背景


 2017年、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を利用した資金調達が盛んに行われ、その中で多くのICO詐欺が発生しました。その後、各国の金融当局は証券取引法に則っていないICOを規制する動きが強まりました。そんな中、2018年ごろから既存の証券取引法を遵守する形で、トークンを発行して資金調達を行うという新しいムーブメントが台頭してきました。それはセキュリティ(証券)をトークン化して発行し、資金調達を行うことからセキュリティ・トークン・オファリング(STO)と呼ばれ、2019年には分散型金融(Defi)の中で、最も盛んな分野の1つになりました。

セキュリティ・トークンとは


 セキュリティ・トークン(ST)は、ICOなどで利用されるユーティリティ・トークンとは違い、証券をスマートコントラクトで実装するものです。そのためセキュリティ・トークンは、各国の証券法に準拠するために、複数の機能を持ち合わせる必要があります。現在ERC1400の中で議論されている機能には、以下のようなものがあります。
  • 発行管理
    • 特定の権限を持った人だけがSTを発行できる。
  • 譲渡制限
    • ホワイトリストに登録された投資家しかSTを保有できない。
  • 償還管理
    • STの償還が行える。
  • 強制譲渡
    • 法律違反者の資産を没収できる。
  • 投資家情報の管理
    • KYC/AMLの情報をオンチェーンで管理できる。
  • ドキュメントの管理
    • 証券に関係する法的な書類をオンチェーンで管理できる。
  • 保有者のトラッキング
    • 誰がトークン保有者であるか(必要な権限を持つ者が)確認できる。
  • 種類別トークン
    • 1つのSTに複数の資産の種類を設定できる。

 このようにSTを実装するスマートコントラクトには多くの機能が必要とされます。そしてその要件を実装するコントラクトのコードも複雑になります。

ERC1400が求められる理由


 これまで複数のSTの発行プラットフォームが、ERC20をベースにして独自機能を追加した、STの規格を作成してきました。有力なものにPolymathのST-20やHarborのR-Token、SecuritizeのDS-protocol、Swarm FundのSRC20などがあります。

 しかしそれぞれの発行プラットフォームが異なる規格を作成して、セキュリティ・トークンを発行していると、関係するプロバイダーはそれぞれのST規格にシステムやサービスを適応しなければならず、非常に手間がかかります。またセキュリティホールも生まれやすくなります。セキュリティ・トークンに関係するプロバイダーには、発行プラットフォーム以外にも複数あります。AML/KYCプロバイダー・取引所・カストディアン・インフラ(セカンダリ)・販売代理店・法律事務所などです。これらのプロバイダーの中でもそれぞれの企業が複数あります。多くのプレイヤーが異なる規格に対応する為に手間をかけることになり、STの普及の足枷にもなります。

 そのため、セキュリティ・トークンを発展させていく為には、業界標準規格を作成することが必要不可欠となっています。このような背景からERC1400が提案されました。

参考

Mapping out the Security Token Ecosystem
セキュリティトークンに含まれるプレーヤーのグローバルな外観

まとめ


本記事では「ERC1400が必要とされる理由」についての解説を行いました。ERC1400のような標準規格ができることで、セキュリティトークンがより発展しやすくなることが期待されます。

次回の第2回の記事では、ERC1400が提案された経緯について解説します。

第2回記事はこちら

ブロックチェーンの専門企業で働いてみませんか?

当サイトを運営するコンセンサス・ベイス株式会社では、エンジニア、プロジェクトマネージャー、ライターなど、様々なポジションで一緒に働いてくださる仲間を募集しています。

ブロックチェーン業界にチャレンジしてみたいあなたのご応募をお待ちしております!

STOカテゴリの最新記事