Tech

Ethereum Dapp フレームワーク Embark のインストールと使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EthereumのDappを開発するためのフレームワーク Embarkのセットアップ方法

2015-06-27時点の最新version 0.4.1を元にしています。

ざっくりとした説明

  • プライベートチェーンで開発可能
    • CPUをさほど使わずマイニングして、ethをゲットできる
  • テストネットやIPFSにデプロイ可能
  • app, html, css, js等のディレクトリを自動生成

Embarkでできること

  • 自動でコントラクトをデプロイし、JSコード内のコントラクトを有効化する。Embarkは変更を監視し、コントラクトを変更すると、Embarkは自動でコントラクトとDappを(もし必要であれば)再デプロイする
  • Javascriptを使い、コントラクトでテストドリブン開発をする
  • IPFSのようなDecentralizedなシステムへ簡単にデプロイしたり、利用したりできる
  • 複数のコントラクトを使っているDAppを素早く作れる

インストールに必要なもの

  • geth (0.9.29)
  • solc (0.9.23)
  • node (0.12.2)
  • npm

インストールの前に必要なもののインストール方法

以下を参考にする
* Installation · iurimatias/embark-framework Wiki

  1. Go-Ethereum (Go版Ethereum)
  2. Solc (cpp-ethereum) Solcは、Solidityコンパイラ
  3. PyEthereum (Python版Ethereum で EtherTdd.pyに必要)
  4. EtherTdd.py (TDD用に必要)

Embarkのインストール方法

$ npm install -g embark-framework grunt-cli

デモの使い方

$ embark demo
$ cd embark_demo

ノードを動かす (private chain)

$ embark blockchain

実行する

別のターミナルで

$ embark run

アクセスする

http://localhost:8000

ブロックチェインの設定

別チェーンで動かす場合

  • config/blockchain.yml

その他

LiveReload Plugin で自動リロードすると開発早いかも?

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加