Tech

IBM Open Blockchainの開発環境のセットアップ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IBMのOpen Blockchainのコードが公開されたので、とりあえず環境を作ってみる

環境

  • Mac OS X: 10.10.5
  • Go: 1.5.3

引用元

https://github.com/openblockchain/obc-docs/blob/master/dev-setup/devenv.md

前提

  • Git client
  • Go – 1.5.2 or later
  • Vagrant – 1.7.4 or later
  • VirtualBox – 5.0 or later

BIOS Enabled Virtualization – Varies based on hardware

Note: The BIOS Enabled Virtualization may be within the CPU or Security settings of the BIOS

Windowsの人向け

/bin/bash^M 対策で以下をやる

git config --global core.autocrlf false

GOPATHに Open Blockchain Peerプロジェクトをクローン

cd $GOPATH/src
mkdir -p github.com/openblockchain
cd github.com/openblockchain
git clone https://github.com//obc-peer.git

Open Blockchain 開発環境プロジェクトをクローン

上記の$GOPATH以外の場所で以下をやる

cd WORKSPACE
git clone https://github.com/openblockchain/obc-dev-env.git

vagrantを使ってVMを起動

cd WORKSPACE/obc-dev-env
vagrant up

vagrant sshでログイン

vagrant ssh

vagrant sshでログインすると、WORKSPACE ディレクトリが /openblockchain 以下に現れる。

以上で完了。

boxやらネットワークやらUbuntu(trusty)の設定を自動でやってくれる。
こちらの環境では、20-30分かかった。

個人的な感想

  • コードは、golangで、Node.jsでアプリ側が作られている様子。
  • OBC のコンセンサス・アルゴリズムは、選べるみたいで素敵。
    コンセンサス・アルゴリズムを見る限り、パブリックな利用な全く想定されてなさそうです。
  1. no-op
  2. Classic PBFT
  3. SIEVE (an enhanced version of classic PBFT)

引用元: OBC CONSENSUS ALGORITHM

これ以降のセットアップ

これ以降は、以下を実行する。

ネットワークのセットアップ等も必要そう。

関連用語

  • IBM
  • オープンブロックチェーン
  • HyperLedger, ハイパーレジャー, ハイパーレッジャー
  • Linux Foundation, リナックスファウンデーション
  • ブロックチェーン, blockchain, block chain
  • 分散型台帳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加