Tech

Hyperledger Fabric Chaintool メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hyperledger Fabric の chaincodeのビルド、テスト、パッケージ化、デプロイをサポートするツール

インストール

前提

  • A Java JRE/JDK v1.8 (or higher)
  • make
  • git

ビルド

$ git clone https://github.com/hyperledger/fabric-chaintool.git
$ cd fabric-chaintool && make install

アクション種類 “$ chaintool [action]“

  • build: コンパイルチェック、ビルド (/.build)
  • buildcar: 好きな言語でスタブコードを生成しテストできる。
  • clean: /.build 消去
  • package: sourcecode、interfaces、chaincode.yaml、およびその他のプロジェクトデータを展開に適した.carファイルにパッケージ化
  • unpack: .car 解凍
  • ls: .car 中身確認
  • proto: .cciを.protoにコンパイル
    APIからChaincode実行時に
    > {“function”:”org.hyperledger.chaincode.example02/query/1″,”args”:[“CgNmb28=”]}}
    ”function”:”インターフェース名/メソッド型/メソッドインデックス”, …
    によって指定できる
    *inspect: サーバの環境をしらべる

コマンドラインのヘルプ

$ chaintool -h
chaintool version: v0.10.1

Usage: chaintool [general-options] action [action-options]

General Options:
  -v, --version  Print the version and exit
  -h, --help

Actions:
  build -> Build the chaincode project
  buildcar -> Build the chaincode project from a CAR file
  clean -> Clean the chaincode project
  package -> Package the chaincode into a CAR file for deployment
  unpack -> Unpackage a CAR file
  ls -> List the contents of a CAR file
  proto -> Compiles a CCI file to a .proto
  inspect -> Retrieves metadata from a running instance

(run "chaintool <action> -h" for action specific help)

クイック・スタート・オーバービュー

  • インターフェイスを定義する
  • appinit.cci: アプリのconstructor引数を定義する
  • アプリケーション特有のインターフェイス: アプリの一般的なメソッドと引数を定義する
  • chaincode.yaml を定義する
  • アプリケーション・ロジックを書く、上記ステップで定義したインターフェイスを実装する
  • コンパイルを確認するために chaintool buildを実行
  • ネットワークへのFabricにデプロイするアプリのパッケージを作成するために chaintool packageを実行

公式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加