Tech

Codius とは何か? まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ripple Labs のスマートコントラクト実行環境 Codiusとは何か?

1分でわかるまとめ

  • Smart Contractを動かすシステム (Hostとデータ)
  • 暗号通貨と直接かかわりはない(プロトコルのRipple, XRPとも)
  • ブロックチェーンはない
  • データは、ブロックチェーンでなくSmart Hostに保存される
  • どんな暗号通貨でも、Webサービスでも利用できる
  • ネイティブ通貨はない
  • コード実行用の支払いは別システム。どの通貨(暗号通貨でも法定通貨でも)やクレジットカードでもOK
  • どんなプログラミング言語でもOK
  • サンドボックス化して実行

ポイントは、Ethereumのように暗号通貨やブロックチェーンとくっついている方法でなく、Smart contractを走らせるところを完全に別ホストにするところ、でしょう。なので、ledger/blockchainは存在しておらず、プログラムを実行するホストのみが存在します。

現状 (2015/09/07時点)

現在は、Ripple Lab社として開発を停止しています。
理由は

  • 市場がなかったため
  • 他にリソースを集中させるため

などと言われています。

前提知識

Codius関連の単語

ホスト

  • Single (Trusted) Host Model
  • Multiple (Untrusted) Host Model

余談

  • ius はラテン語で法の意味。つまり、Codiusは、コーディングできる法の意味。

参考

日本語情報

翻訳

コード

サンプルコードを書いて、実際にホストで動かしてみた↓
* Ripple – Codius のコントラクトの作り方の例 | block-chain.jp

過去の経緯

GoogleのNative Clientを利用予定と言っていたが、今は、libseccompを利用している模様。なので、Linuxのみサポート。(2015/9/7時点)

検索用語

  • ビットコイン, bitcoin
  • リップル, Ripple
  • リップルラボ, Ripple Labs
  • Codius, コーディアス
  • 暗号通貨, cryptocurrency
  • スマートコントラクト, smart contract
  • コントラクトホスト, 契約ホスト, Contract Host
  • スマート・オラクル, Smart Oracle
  • Ethereum, イサリアム、エセリウム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加