Tech

bitcoindのJSON RPCをnode-bitcoinから叩く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メモ

前提

  • node
  • npm

がインストール済み

npmモジュールのインストール

npm install bitcoin-promise

コードを書く

サンプルコードのまま

var bitcoin = require('bitcoin-promise');

var client = new bitcoin.Client({
    host: 'localhost',
    port: 8332,
    user: 'bitcoin-maximalist',
    pass: 'bitcoiner',
    timeout: 30000
});


// get a new address and return details about it
client.getNewAddress()
    .then( function(addr){
        return client.validateAddress( addr ) ;
    })
    .then( function(addrInfo){
        console.log( addrInfo ) ;
    })
    .catch( function(err){
        console.log( err ) ;
    }) ;


client.getBalance('*', 6, function(err, balance, resHeaders) {
    if (err) return console.log(err);
    console.log('Balance:', balance);
});

動かす

node-bitcoin.jsというファイルで上記のサンプルを保存したとして

npm node-bitcoin.js

bitcoin.confの設定

動かない場合は、bitcoindのRPCの設定をする

daemon=1
server=1

rpcuser=bitcoin-maximalist
rpcpassword=bitcoiner
rpcallowip=127.0.0.1
rpcallowip=172.16.1.0/24
rpcport=8332

関連用語

  • bitcoin
  • bitcoind, bitcoin-cli
  • node.js, io,js
  • このエントリーをはてなブックマークに追加