Tech

Bitcoinの技術 Namecoin とは何か? 非集権型DNS?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Namecoinとは何か?と、非集権型DNSを技術的な側面から説明します。
Bitcoinという技術の応用として興味深いので、書いてみました。

Namecoinとは?

  • Bitcoinと同じ技術(ブロックチェーン)を利用している
  • P2Pネットワーク
  • 元コードがBitcoin (オープン・ソース)
  • 非集権型(decentralized) ICANNはない
  • ブロックチェーンに key/valueでドメイン名/IPアドレスを登録する
  • namecoin という暗号通貨がある
  • 登録には、namecoinsが必要
  • ドメインは、 .bit を使う

つまり、P2P上のデータベース(ブロックチェーン)に、ドメイン名、IPアドレスを key valueとして保存しています。

メリット

  • 中央集権的組織がない
  • ICANN関係ない
  • レジストラがない
  • 登録が簡単
  • 登録料金が安い

ビットコインが排除される場合、以下のリスクがあるとして作ったという話を聞きました(thx Prem!)

  • ドメインが削除される
  • 交換所が排除される

デメリット

  • あまり使っている人がいない
  • 簡単に名前解決できない
  • 登録にnamecoinが必要

Bitcoinプロトコルとの違い

  • 別のブロックチェーン、ポート、IRCブートストラップ、メッセージヘッダー
  • 新しいトランザクション・タイプ: new, first-update, update
  • 新しいトランザクション・タイプ上のバリデーション
  • 名前管理のためのRPCコール
  • 初期ラッシュを遅くするためのネットワーク・フィー

サンプル .bitドメイン

以下、名前解決の設定をしないと閲覧できません。

  • http://bitse.bit/
  • http://explorer.bit/

マージド・マイニング

ちなみに

  • Ethereum でも contract を書くと同じようなことができるはずです。
    Ethereum 公式サイトに Namecoin の contract サンプルがあります。
  • BitShares DNS でも同じようなことができる。ドメインは .p2p

参考サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加