Tech

bitcoin.conf の書き方 まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デーモン/サーバの設定を想定しています。
まずは、テスト用か、本番用か?を決めましょう。

基本的な設定

テストネットか?

testnet を使うなら、現在のテストネットの番号は、3なので
testnet=3

# Run on the test network instead of the real bitcoin network.
testnet=3

JSON_RPCコマンドを受け付けるサーバの設定

以下、テストネット向け

# server=1 tells Bitcoin-QT to accept JSON-RPC commands.
server=1

# You must set rpcuser and rpcpassword to secure the JSON-RPC api
rpcuser=Ulysseys
rpcpassword=YourSuperGreatPasswordNumber_DO_NOT_USE_THIS_OR_YOU_WILL_GET_ROBBED_385593

#rpcallowip=10.1.1.34
#rpcallowip=192.168.1.0/255.255.255.0
#rpcallowip=172.16.0.0/24

# Listen for RPC connections on this TCP port:
rpcport=18332

注意

rpcallowip=172.16.0.* 形式は廃止され以下になった
rpcallowip=172.16.0.0/24

テストネットとは?

Bitcoinの公式wiki

Testnet – Bitcoin

設定ファイルのサンプル

公式wikiのサンプル(英語)

Running Bitcoin – Bitcoin

本番とテストネット用サンプル

insight-api/etc/bitcoind at master · bitpay/insight-api

テストネット用サンプル

rpcuser=ユーザ名
rpcpassword=パスワード

server=1
txindex=1

# Allow connections outsite localhost?
#rpcallowip=192.168.1.*

rpcport=18332
testnet=3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加