Tech

ビット・クラウド(Bitcloud)とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ググっても日本語で情報が1件しかなく、説明する文章が一つもなかったので、とりあえず大雑把に説明を書く。
どんどん追記していきます。

大雑把に「ビットクラウドってなに?」

  • 現在のインターネットを非集権化するもの
  • プラットフォーム
  • プロトコル
  • 巨大な分散型ファイルシステム(ヴァーチャルハードディスク)を提供
  • 暗号化と署名されたデータを保存可能
  • プライバシーとサービス品質(QoS)を保証する
  • Blockchain の代わりに Nodepool を使う

特徴

  • 信頼の低い環境でのセキュリティ
  • No More ブロックチェーン
  • 非集権型アプリケーションの簡単な開発
  • 信頼できるストレージ
  • フリー・ソフトウェア
  • NSAへの抵抗
  • コインを持たない
  • 品質(QoS)を計測する

なぜビットクラウドが必要なのか?

一つの会社が権利を持つクラウド・コンピューティングの以下の3つ問題を解決するため

  • プライバシーと自由なソフトウェア
  • 検閲
  • 高コスト

クラウド・コンピューティングからの脱却

メールも写真もビデオもクラウドにある。

集権型のクラウド・コンピューティング・サービスの例

  • YouTube/Soundcloud
  • Dropbox/Google Drive
  • Gmail/Whatsapp
  • Ustream/Justin.tv

非集権型

Bitcloud プロトコルで解決しようとしている3つの問題

  • プライバシーと自由なソフトウェア
  • 検閲
  • 高コスト

Nodepool とは

NODEPOOL.SQL

BitcoinのBlockchainでなく、SQLiteを使った検索できる、多くのデータを保持、syncしなくてよい分散データベースの様子

日本語記事

スライド

  • [PDF] Bitcloud Immersion: High Level Technical Description
    http://bitcloudproject.org/wiki/images/6/65/Bitcloud_Tech_Overview_Presentation.pdf

ストレージ

  • Node: Bitcloud グリッドシステムを形成。ストレージ、ゲートウェイ、オーナーの役割を持つ
  • パブリッシャーとグリッドは、ランダムなテストと監査でヴァリデートされら、ネットワークサービスの同意に至るかも知れない
  • 暗号化されたコミュニケーションでグリッドのゲートウェイ・ノード経由で、パブリッシャーにより承認されたユーザは、コンテンツやデータをストレージ・グリッドにプッシュする
  • ゲートウェイは、サインし、ファイルを分ける。そして、分けられたファイルをグリッドのストレージ・ノードへプッシュする。ストレージ・ノードは、N-to-Kリダンダンシーでファイルを複製する。例えば、あるファイルを保存するノードのうち60%が、そのファイルと共にオフラインになっても、ファイルは取り出すことができる

(翻訳途中…)

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加