Business

ビットコイン: エクリプス攻撃とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインなどのP2Pネットワークにおけるエクリプス攻撃とは何かについて簡単に説明します。

エクリプス攻撃とは?

P2Pネットワークで、ネットワークAとネットワークBがあったとします。 双方のネットワークを繋ぐ悪意のあるノード(コンピュータ)が、A側から来た通信データを書き換えてB側に送り、B側から来たデータを書き換えてA側に送る、またはデータを送らないという攻撃です。

これによりネットワークAとネットワークBに違うデータが流れるため、同じ一つのネットワークではなく、別々のネットワークとして分断されます。

これをエクリプス攻撃と言います。

ビットコインのネットワークの場合、ブロックチェーンが分岐し、別々のブロックチェーンになるでしょう。

参考

個人的な意見

ビットコインでも、ラジオやテレビの電波でデータを放送する方法がありますし、Google、Facebookのような企業が行う気球や飛行機、人工衛星からインターネットができるようにするプロジェクトもあります。双方のネットワークのノードに届くようにデータを送信すれば、この問題は解決できるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加