Business

BitcoinとbitcoinとBTCの違いとはなにか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bitcoinとbitcoinの違いとはなにか?

マスコミの報道で、「ビットコイン」をBTCと表現する記事をいくつか見かけました。 誤解しているように見受けられたので、簡単に説明します。

英語では、大文字のBで始まるBitcoinと小文字で始まるbitcoinは意味が違います。 日本語の「ビットコイン」では、Bitcoinとbitcoinの区別がつかないので、そのための対策も説明します。

「Bitcoin」の意味とは?

  • Bitcoinと呼ばれるネットワークやシステム、プロトコルを指します。

「bitcoin」の意味とは?

  • bitcoinは、コイン、通貨を指します。
  • bitcoinは、通貨の単位でもあります。
  • 例えば、100 bitcoins と書きます。

BTCとは?

  • BTCは、bitcoinの通貨シンボルです。

(番外) XBTとは?

違い

  • 通常Bitcoins とは書くことありませんが、bitcoinsとは書きます。
  • 100 Bitcoins は、100 BTCを意味せず、100のビットコインのシステムを意味します。

使い分け方の提案

日本語で「ビットコイン」と表記した場合、Bitcoinかbitcoinかわかりにくいので、私の場合は以下のように使っています。

  • 上記の違いを厳密に分けたい場合、「ビットコイン」という表記をしない
  • コイン・通貨のビットコインを指す場合、BTCと表記
  • システムやプロトコルを指す場合、英語表記のBitcoinと表記。もしくは、ビットコイン・システム、ビットコイン・プロトコルなどと明示的に表記。

他にも日本語での表記のご提案、ご意見ありましたらお知らせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加