ビットコインの初期ノードの探し方

NO IMAGE
  • メモ
  • 多分、下記途中だけど公開

要約

  • DNSを使う。シードの例は、bitseed.xf2.org
  • クライアントは、セミ・パーマネントなノード一覧を持っている
  • IRCのブートストラップ方法は、もう利用されていない

参考

The Bitcoin client has a number of sources that it uses to locate the network on initial startup. In order of importance:

1) The primary mechanism, if the client has ever run on this machine before and its database is intact, is to look at its database. It tracks every node it has seen on the network, how long ago it last saw it, and its IP address.

2) The client can use DNS to locate a list of nodes connected to the network. One such seed is bitseed.xf2.org. The client will resolve this and get a list of Bitcoin nodes.

3) The client has a list of semi-permanent nodes compiled into it.

4) The client can connect to a well-known IRC network, irc.lfnet.org, and find other nodes that way. (This method has been removed as of version 0.8.2)

5) It takes IP addresses from the commandline (-addnode).

ブロックチェーンの専門企業で働いてみませんか?

当サイトを運営するコンセンサス・ベイス株式会社では、エンジニア、プロジェクトマネージャー、ライターなど、様々なポジションで一緒に働いてくださる仲間を募集しています。

ブロックチェーン業界にチャレンジしてみたいあなたのご応募をお待ちしております!

ビットコイン(Bitcoin)カテゴリの最新記事